読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

your life burns faster

完全主観的お勧めのCDやヴァイナルの忘備録

Harm's Way / RUST

New

筋骨隆々ハードコア from Deathwish。 一曲目からガンガン縦ノリ出来る、クラウドサーフやモッシュというよりも腕ブン回し系のハードコア。 朝の満員電車で聴くと尚良い。気分が高揚する。 ボーカルマッチョ過ぎ。最高。 音も体もマッチョハードコアミュージ…

DIRTY SATELLITES × quizkid / split 10inch

New

共鳴するベテランバンドマン。 quizkidの「シオンの娘」、初っ端から泣きのリフ。泣かせに来てる。 またメロディーが良い。全てグッドメロディー+意味深で切なげな歌詞。 3ピースを最大限に生かした各パート一音一音しっかりと残るフレーズ。 最後のメロディ…

malegoat / Here And There

New

八王子のエモ伝道師の2nd。 前作To Face The Musicは爽快で、朝に聴きたい音楽だったが、今作は朝夜兼用。 前作からEmpire!Empire!(I Was A Lonely Estate)、Duck.Little Brother,Duck!、akutagawaと国内外問わず良質な音を鳴らすバンドとのスプリットで凌ぎ…

SLAVEDRIVER / Destruction : Construction

New

名古屋のエモ総本山StiffSlackのボス新川さん擁する爆裂マスエモツインギターベースレストリオバンド。 全体的に重い刻みのリフの応酬が印象深い。 自分、刻みのリフ好きなんですよね。大好き。 ガツガツきます。構成もリフが入り組みマスロックにも触れてき…

Discharming man / dis is the oar of me

バンドという名のオーケストラマジック! この作品を、ex.吉祥寺WARPのぺぇさんは「オーケストラを聴いているようだ」と例えたのだが、まさにそれ!的な名作。 元々ex.kiwirollの蛯名さんのソロプロジェクトがバンド化したもの。 全体的に聴いていて包まれるよ…

OSRUM / OSRUM

ex.Z,AS MEIAS,There is a light that never goes outの魚頭氏、ex.NAHT,AS MEIAS,ninedayswonderの羽田氏、そしてBalloonsの藤本氏からなる歴戦の猛者集いし3ピースバンド。 面子観ただけで分かりますよね?はい、良いに決まってます。 Z,AS MEIASが同時期…

The Saddest Landscape / Darkness Forgives

New

マサチューセッツ発、押し寄せる激情。 私大好きなThe Saddest Landscapeです。 畳み掛ける激情と2段階構成を得意とした展開、そしてフロントマンAndy Maddoxによる特徴的な発狂に近い叫びが情けなくて震えてて最高。 全体的に鬱々とした雰囲気が漂う。基本…

Nothing / Guilty of Everything

New

シューゲイズリバイバル。 ex.Deafheavenのギター擁するシューゲイザーバンド。 ギターとギターの間を漂うボーカル。 シューゲイザーって通勤の電車で寝る時に最適。My Bloody Valentineから脈々と続くシュワーッとしたギターに浮遊するボーカル=シューゲイ…

Deafheaven / Sunbather

美しい轟音の旋律。押し寄せるギターの洪水とブラストビート。緩急の付いた楽曲にスクリーミングし続け、 ヤィヤィャィア"ーイとしか聴き取れないボーカル。パーフェクトだ。美しい。これがアメリカのパワーか(違う)。去年の来日観に行けばよかったなあ。気付…

Daïtro / Y

フランスの激情大将。 アルバム1枚通して繋がる物語性のある楽曲群。 クランチ気味のクリーンなツインギターが絶妙。ほぼミッドテンポで進んでいくのに、聴き飽きない。激情と分類されているが、ポストパンクやポストロックあたり好む方にもお勧めできる情緒…

PLAY DEAD SEASON vs This Time We Will Not Promise And Forgive / split ep

New

漢気溢れるスプリットの快作。 確か去年の4月頃、高円寺のスタジオで2マンやってて、その時も良い感じの組み合わせだなとは思っていた。どちらもガツンとくる楽曲。PLAY DEAD SEASONは何が良いって、最高に格好つけてるところ。バンドマンは格好つけるべき!!…

ALGERNON CADWALLADER / PARROT FILES

New

CAP'N JAZZの再来。 今でもなんて読むのかわからない。アルジャーノン・キャドワラダー…だと思う。 よくCAP'N JAZZインフルエンスだと目にするが、まさにあの楽しい感じ。 メロディアスなギターだけれどスッキリとした楽曲の清涼感と、ヘロヘロエモボーカル…

zArAme / lastorder

New

竹林現動、復活。 ex.COWPERS、SPIRAL CHORDでギターを掻き鳴らし、咆哮し伝説と化していた人がついに、ついに7年ぶりにシーンにカムバック。思えば、SPIRAL CHORDの出演が決まっていたPUNKAFOOLICを観に行ったのに、突然の出演キャンセルで涙した日から幾千…