your life burns faster

完全主観的お勧めのCDやヴァイナルの忘備録

Review

American Football / LP2

15年振りに奇跡の再結成を果たしたAmerican Footballの2ndアルバム。 この作品を聴く前は「再結成で15年振りのアルバム=今更感」が渦巻き、OWENの延長線上に過ぎないのではと思っていたけれど ギターの繊細なアルペジオ、OWENとはまた違うマイク・キンセラの…

Climb The Mind / よく晴れた日は地下を探索しに出かけよう

名古屋の奇跡、Climb The Mind。 これほど、静かに燃え上がる情熱的なエモバンドはいるのであろうか。 クリーントーンのアルペジオに、独特なメロディのベース、 手数が多くキメ細かなドラム。 そして、力一杯振り絞っているけれども、 ギリギリ表面張力で水…

Duck.Little Brother,Duck! / Don't Take Our Filth Away

全パートシンガロング!! ポートランド産の極上エモーショナルバンド Duck.Little Brother,Duck! の2nd from TOPSHELF RECORDS。 TOPSHEL RECORDSは大好きなレーベルの一つなのだけれど そこの新譜発売のトレイラーで観たのが最初。 楽曲はかなりトリッキーな…

ADVENTURES / Supersonic Home

メンバーの5人中3人がCODE ORANGEのメンバーで構成されている 新星清涼エモバンド。 CODE ORANGEではデス声を響かせているReba嬢だが、 ADVENTURESではキュートで元気でいて透明感のある歌声のギャップが良い。 自分はCODE ORANGE KIDSから入ったクチなの…

drumno / 3P

原始的リズムダンスアンサンブル。 3台のドラムを同時に演奏し、計算しつくされた“打”のみで構成された曲は 徐々にテンションが上がっていき、自然と体が揺れ、アドレナリンの分泌を促す。 リズムのみでこれだけ凄いことができるのかと驚愕。 drumnoのライブ…

blue friend : kmkms / split 7"

東京激情 × 名古屋激情の快作スプリット。 先攻のblue friend は計4曲収録だが、4曲で1つの作品になるような壮大な構成。 イントロダクションのような1曲目から怒濤の流れで2曲目以降へ繋がっていく。 ラストは「This is Your Life!!」とシンガロング必須の…

folio / The Curve Causes a Shiver

ビューティフルエモーショナルマスロック。 伸びやかなボーカルに、確かな技術力と計算し尽くされ絡んでいくツインギター 手数の多いドラムとボトムラインを支えつつ歌心あるベース。 その全てを融合させ、そこに変拍子をかましてくる。 エモーショナルマス…

Raein / Il N'y A Pas De Orchestre

イタリア激情の至宝Raeinの激名盤2nd。 収録曲は1曲ほぼ3分以内。 その3分以内の楽曲の中に瞬発力と 叙情的な展開からの半端ない爆発力をコンパクトに詰めこんでいる。 1曲目から怒涛の攻勢で立て続けに攻め立てる。 そして何と言っても8曲目の、頭から尻尾…

bloodthirsty butchers / kocorono 【Analog】

不朽の名作。 2013年11月発売のアナログ盤。 自分の誕生日が11月だったので誕生日プレゼントとして買ってもらった。 bloodthirsty butchersを知ったのは大学生の時。 知ったというよりも、叩き込まれたという表現の方が正しいかもしれない… よくサークルの先…

TIALA / EPITOME

KCHC!小岩シティーハードコア! 小岩より世界へ発信する激烈ハードコアバンドTIALAの2nd from less Than TV。 1曲目〜2曲目の流れがもうすでに限界テンションMAX キラーチューン感半端ない激上がり。 TIALAはハードコアのみなずブラックミュージック、 ダン…

kamomekamome / ルガーシーガル

KCHC!柏シティハードコア!伝説のHCバンド、ヌンチャクの向氏を中心に結成されたkamomekamomeの2nd。約10年前の作品。が、色褪せない。 1曲目「メデューサ」の刻みのリフから秀逸。思い出補正なしで格好良い。 メロディアスに歌い上げつつ、エモーティブな…

sora / 灯台の上で待つ

八王子の激情〜エモバンドの1stフルレングスにしてラスト作。 解散を宣言していたのにリリースをしたStiffSlackの漢気よ。 soraというバンド名はフライヤーやライブハウスで見たり聞いたり、 gt,voの内田氏は激情バンドのkillieのギターとして活躍していると…

Liturgy / AESTHETHICA

旋律のポストブラックメタル。 ハンター・ハント=ヘンドリクス率いる 自称Transcendental Black Metal(超越したブラック・メタル)バンドの2nd。 いわゆるトレモロリフをツインギターで行っており、絶頂の波が常に続いている状態にブラストビートを絡ませて…

ZANN / Three Years In The Desert

ドイツの激情最高峰。 欧州でもトップレベルであろうバキバキの激情カオティックハードコアバンド。 粗暴なボーカルとゴリゴリに歪ませ迸るエネルギーからフィードバックが起きるザクザクツインギター、曲中の疾走パート・スローパートも自在に対応する強靭…

nemo / シンカイシャク55355

東京オルタナジャンク from Less Than TV!! 硬質なギター音から放たれるリフの数々に、 独特な和音を用いて曲を引っ張るベース、 そして力強いグルーヴを叩き出すドラム。 まだ高円寺20000Vがあった頃、よくライブ観に行ってた。 爆音だったなあ。 gt,voシモ…

American Football / American Football(Deluxe Edition)

エモの金字塔。 確かAmerican Footballを知ったのはtoeとかポストロックにかぶれていた大学生の時。 1曲目の「Never Meant」でもう心打たれてしまった。 クリーントーンのアルペジオは美しい旋律を奏で、マイク・キンセラは優しく語りかけるように歌う。そし…

Penfold / Amateurs and Professionals

90's emo名作中の名作。 自分が所有しているのはCount Your Lucky Starsから再発されているもの。 Penfoldを知ったのは再結成で初来日が決まった時に坂倉から教えてもらった。 こんなに素晴らしいエモバンド知らなかったなんて…!とすぐに音源探してStiffSla…

AS MEIAS / AS MEIAS Ⅱ

ポリリズムとエモの邂逅。 AS MEIASの2ndアルバム。 Meshuggah meets Texas Is The Reasonとの形容が一番シックリくるかもしれないex.bluebeard、There Is A Light That Never Goes Out、kulara、NAHTという超強力な布陣が奏でるネクストレベルのエモーショ…

lostage / P.S. I miss you

lostage~LOSTAGEの作品はdemo以外すべて持っているが やはりこれが一番好き。 懐古主義というか、そういうのではなくて単にこの作品がとても好きだという事。 1曲ずつ単体で聴いても良いけれど、 EPだがきちんとした流れがあり、良い曲がコンパクトにまとま…

SPIRAL CHORD / 脳内フリクション

STAY PUNK! 恐らく狙っているであろう、ライブかと思うほどの荒々しい録り音が逆に勢いを増して加速していく。 ex.COWPERS、nails of hawaiian、NUMBER GIRLの3ピースパンクロックバンドの1st。1曲目からラストまで衝撃が脳天を突き刺す。 1曲ラモーンズのカ…

WE ARE! / Treatment Journey

翼の折れたエンジェル a.k.a WE ARE! 3人体制から4人体制になり楽曲も彩りを増した名盤3rd。 1曲目「トリートメントジャーニー」から最高。歌詞が青臭い独特なものだけど、とてもツボをついてくる。 特に4曲目「PAIN PartII」〜5曲目「エクソダス(大脱走)」…

Gomnupers / This riff defeats a line of the people who line up a chinese noodle shop

殺幌の重圧殺兵器。 今作では前作までのファストコア、ハードコアではなく メンバーのパートチェンジ等を経て 独特なドラミングにスラッジ要素高めのドゥームなリフを刻み続ける作風になっている。全てインスト。 前作までの感じも好きだったけど、この感じ…

discotortion : theSun / viva la revolution

札幌の2大バンドによる強力過ぎるスプリット。 discotortion、theSun共に初期のキラーチューン2曲を交互に収録。 このCDは確か、まだ高円寺にPanicSmile吉田さんがやっていたSunrainRecordの実店舗があった時にそこで購入した物だと記憶している。懐かしい。…

joie de vivre / The North End

染み入るエモーション。 ある日坂倉の家に遊びに行った時、Count Your Lucky Stars Recordsの福袋的なものを買ったらこのヴァイナル持っていて被ってしまったという事で譲り受けた。 バンド名は知っていたが、案の定読めなかった(ジョア・デ・ヴィーヴァと読…

静カニ潜ム日々 / The Present

This is Japanese Emotional Music. 現在はSZKN表記で活動中の横浜発スーパーエモーショナルバンド。 知り合いという贔屓目なしに素晴らしい歌声と演奏。 繊細で時に激しく響き渡るギター、歌心あるぶっ太いベース、それらを支え盛り上げるドラム。 1曲目「S…

CONVERGE / JANE DOE

カオティックハードコアの教典。 ガツッときてバッと終る衝撃波。煩い強い速い!! 自分のカオティックハードコアはここから始まった。 大学卒業後、中野付近の派遣会社で働いていた時通勤中毎日聴いてたなあ。たまにCONVERSEのシャツ着てる人いるでしょ?あれ…

ふくろ / Tetra Axis

日本のインストポストロックバンドの中で一番好きかもしれない。 ふくろの通算2枚目のアルバム。 最近見れてないけど、ライブがめちゃくちゃ良いんだよなあ。 初めて見たのは第一回東京BOREDOM。持ち時間、ロッカーみたいなの叩いたり、弦をペキペキ触ったり…

Sleeping People / Sleeping People

男女混合マスロック。 大学生の時分、暇だったこともあり貪欲に音楽をディグっていた時期にYouTubeか何かで見つけたんだっけなあ…myspaceかな…こういう音楽で女性のギターというのが結構衝撃的だった。 ループするリフ、拍子がポンポン変わるのでとてもぎこ…

blue friend / I WILL BE YOUR BLUE FRIEND

新世代の激情界隈から頭一つ出ているバンド。 残念ながら昨年活動休止になってしまったが確かな爪痕を残していった。 まず、バンド名が良い。アニメのタイトルから拝借したという話だが 短くて解りやすくて語感が良い。格好良いバンドってバンド名のセンスが…

akutagawa : malegoat / split

東京オルタナ・エモ界隈を代表する盟友のスプリット。 (akutagawaはもともと山形だけど…もうメンバー東京だし) それぞれ一曲ずつ。仕留めに掛かる一曲。 akutagawaの「聞こえないフリ、をしてただけ」はツインギターのリフが印象的な曲。 展開も素敵。歌詞も…

akutagawa / dawn

音源を聴くまでは何処にでもいる激情バンドかなと想像していた。 が、かなり歌に力があり、シンガロングしたくなるグッドメロディが軸にしっかりあって変拍子でグイグイ責めるライトギター、レフトギター。 印象的なリフを刻むべース。手数は多いけどしっか…

200MPH / 200MPH

東京オルタナアンダーグラウンドの雄、結成10年以上にして初の単独音源。 先のスプリット音源からツインドラムに構成が変わりさらにパワーアップ。 ボーカルは以前のように叫び散らすのではなく、全体的に抑え気味のスポークンな感じになっていて、曲は今ま…

200MPH VS COWPERS / FEEDBACK INSANITY

東狂、殺幌、狂気共鳴。 COWPERSと200MPHの名盤スプリット。 200MPHは初のオフィシャル音源。動→静→動のお手本。ほぼ叫びのボーカル。 格好良すぎる。ex-颱風一家,SLIME FISHER,BEYONDSというメンバー構成を見れば成程といった感じ。3曲目「静かな海」のギタ…

COWPERS / 揺ラシツヅケル

COWPERSから1枚選べと言われたらこの盤を選ぶ。 解散してから知った。後追いで一番悔しい思いをしたバンド。 1曲目「玻璃」からラストの「錆色の月」まで無駄がない。 曲構成、メロディ、どれをとっても素晴らしい。 前作「LOST DAYS」まで英語詞だったが今…

By The End Of Tonight + Tera Melos / Complex Full Of Phantoms

マスロックのバカテク2バンドによるスプリット。 By The End Of Tonightは正統派のテクニカルインストマスロックバンド。 練られ組み込まれた構成とリフの応酬で攻めてくる。 個人的に「Jealous Of A Ghost」の1:35~1:44にかけてのキメがすごい好き。 Tera …

Touche Amore / Just Exist

ストレートに響くハードコア。 LOMA PRIETAとのW来日公演、LOMA PRIETA目当てで観に行った新宿音楽館のスタジオライブ。そこで凄まじく良いライブをかましてくれていたTouche Amoreの2013年作。 あの熱量と疾走感をそのままに、さらに昇華させてパッケージン…

LOMA PRIETA / I.V.

烈火の如き激情をぶちまけるエモーショナルスクリーモ。 バリバリとささくれ立った音像が押し寄せてくる上に、 常に爆発しているボーカルが乗っかてくるのがたまらない。 1曲1曲コンパクトにまとめられているのでとても聴きやすいアルバム。 運転中に聴いた…

Discharming man / dis is the oar of me

バンドという名のオーケストラマジック! この作品を、ex.吉祥寺WARPのぺぇさんは「オーケストラを聴いているようだ」と例えたのだが、まさにそれ!的な名作。 元々ex.kiwirollの蛯名さんのソロプロジェクトがバンド化したもの。 全体的に聴いていて包まれるよ…

OSRUM / OSRUM

ex.Z,AS MEIAS,There is a light that never goes outの魚頭氏、ex.NAHT,AS MEIAS,ninedayswonderの羽田氏、そしてBalloonsの藤本氏からなる歴戦の猛者集いし3ピースバンド。 面子観ただけで分かりますよね?はい、良いに決まってます。 Z,AS MEIASが同時期…

Deafheaven / Sunbather

美しい轟音の旋律。押し寄せるギターの洪水とブラストビート。緩急の付いた楽曲にスクリーミングし続け、 ヤィヤィャィア"ーイとしか聴き取れないボーカル。パーフェクトだ。美しい。これがアメリカのパワーか(違う)。去年の来日観に行けばよかったなあ。気付…

Daïtro / Y

フランスの激情大将。 アルバム1枚通して繋がる物語性のある楽曲群。 クランチ気味のクリーンなツインギターが絶妙。ほぼミッドテンポで進んでいくのに、聴き飽きない。激情と分類されているが、ポストパンクやポストロックあたり好む方にもお勧めできる情緒…