your life burns faster

完全主観的お勧めのCDやヴァイナルの忘備録

Review

This Time We Will Not Promise And Forgive / 歌詞を読まない世代へ継ぐ

高円寺激情/ポストハードコアバンドThis Time We Will Not Promise And Forgiveの1st。 バンド名が長いバンドは、大概独自の良い音を鳴らしている気がする。 タイトルが示す通り歌詞カードは封入されていない。 奏でられるサウンドからはkillie、YOMOYA等他…

OWEN / At Home With Owen

OWENことMike Kinsellaのソロプロジェクト、2006年リリース。 暖かなアコースティックサウンド+囁く様に優しいOWENの声とメロディ。 爪弾くギターサウンドからは確実にマイナスイオンが出ている。 至高のベッドルームミュージック。

Saetia / Collected

伝説的US激情バンドSAETIA(セイシャ)のディスコグラフィ。 自分が所持しているのはTouche Amoreのvoである Jeremy Bolmが運営するSecret VoiceからリリースされたLPx2バージョン。 終始絶叫しているボーカルに静パート激パートの構成が絶妙。名盤。

sekien / ST

兵庫は姫路のネオクラストバンドsekienの1stにしてラスト作。 ドス声と共に流れる暴動の様なバンドサウンド。 これがジャパニーズネオクラスト。残念ながら2016年に解散。

Alpinist / Lichtlaerm | Minus.Mensch

ジャーマンネオクラストALPINISTの1stと2ndをコンパイルした編集盤。 激情とはまた違う激しさ。 とりあえず、怒涛な煩さ、そして強い。最高。

Crypt City / Chant

GtとDrのメンバーチェンジを経てリリースされたCrypt Cityの3rdアルバム。 GtにはART-SCHOOL,MONOEYESの戸高氏、 Drにはbloodthirsty butchers,SOSITEの小松氏を迎えたため サウンドのアプローチがかなり変わった印象。 浮遊感のあったギターはソリッドにな…

Snowing / Everything

エモリバイバルの先駆けともいうべきバンドSnowingのコンプリート盤。 トリッキーなギターとシンガロングパート。 清涼系エモの全てがここにある。必聴。

LINKIN PARK / HYBRID THEORY

今や押しも押されぬ世界的メガバンドとなったLINKIN PARKの2000年リリースの1st。 先日のvo.チェスター・ベニントンの突然の訃報を聞き、高校生ぶりに聴き返した。 全曲4分以内に収められた楽曲は、コンパクトで聴きやすく、1曲1曲無駄がなくてクオリティが…

American Football / LP2

15年振りに奇跡の再結成を果たしたAmerican Footballの2ndアルバム。 この作品を聴く前は「再結成で15年振りのアルバム=今更感」が渦巻き、OWENの延長線上に過ぎないのではと思っていたけれど ギターの繊細なアルペジオ、OWENとはまた違うマイク・キンセラの…

Climb The Mind / よく晴れた日は地下を探索しに出かけよう

名古屋の奇跡、Climb The Mind。 これほど、静かに燃え上がる情熱的なエモバンドはいるのであろうか。 クリーントーンのアルペジオに、独特なメロディのベース、 手数が多くキメ細かなドラム。 そして、力一杯振り絞っているけれども、 ギリギリ表面張力で水…

Duck.Little Brother,Duck! / Don't Take Our Filth Away

全パートシンガロング!! ポートランド産の極上エモーショナルバンド Duck.Little Brother,Duck! の2nd from TOPSHELF RECORDS。 TOPSHEL RECORDSは大好きなレーベルの一つなのだけれど そこの新譜発売のトレイラーで観たのが最初。 楽曲はかなりトリッキーな…

ADVENTURES / Supersonic Home

メンバーの5人中3人がCODE ORANGEのメンバーで構成されている 新星清涼エモバンド。 CODE ORANGEではデス声を響かせているReba嬢だが、 ADVENTURESではキュートで元気でいて透明感のある歌声のギャップが良い。 自分はCODE ORANGE KIDSから入ったクチなの…

drumno / 3P

原始的リズムダンスアンサンブル。 3台のドラムを同時に演奏し、計算しつくされた“打”のみで構成された曲は 徐々にテンションが上がっていき、自然と体が揺れ、アドレナリンの分泌を促す。 リズムのみでこれだけ凄いことができるのかと驚愕。 drumnoのライブ…

blue friend : kmkms / split 7"

東京激情 × 名古屋激情の快作スプリット。 先攻のblue friend は計4曲収録だが、4曲で1つの作品になるような壮大な構成。 イントロダクションのような1曲目から怒濤の流れで2曲目以降へ繋がっていく。 ラストは「This is Your Life!!」とシンガロング必須の…

folio / The Curve Causes a Shiver

ビューティフルエモーショナルマスロック。 伸びやかなボーカルに、確かな技術力と計算し尽くされ絡んでいくツインギター 手数の多いドラムとボトムラインを支えつつ歌心あるベース。 その全てを融合させ、そこに変拍子をかましてくる。 エモーショナルマス…

Raein / Il N'y A Pas De Orchestre

イタリア激情の至宝Raeinの激名盤2nd。 収録曲は1曲ほぼ3分以内。 その3分以内の楽曲の中に瞬発力と 叙情的な展開からの半端ない爆発力をコンパクトに詰めこんでいる。 1曲目から怒涛の攻勢で立て続けに攻め立てる。 そして何と言っても8曲目の、頭から尻尾…

bloodthirsty butchers / kocorono 【Analog】

不朽の名作。 2013年11月発売のアナログ盤。 自分の誕生日が11月だったので誕生日プレゼントとして買ってもらった。 bloodthirsty butchersを知ったのは大学生の時。 知ったというよりも、叩き込まれたという表現の方が正しいかもしれない… よくサークルの先…

TIALA / EPITOME

KCHC!小岩シティーハードコア! 小岩より世界へ発信する激烈ハードコアバンドTIALAの2nd from less Than TV。 1曲目〜2曲目の流れがもうすでに限界テンションMAX キラーチューン感半端ない激上がり。 TIALAはハードコアのみなずブラックミュージック、 ダン…

kamomekamome / ルガーシーガル

KCHC!柏シティハードコア!伝説のHCバンド、ヌンチャクの向氏を中心に結成されたkamomekamomeの2nd。約10年前の作品。が、色褪せない。 1曲目「メデューサ」の刻みのリフから秀逸。思い出補正なしで格好良い。 メロディアスに歌い上げつつ、エモーティブな…

sora / 灯台の上で待つ

八王子の激情〜エモバンドの1stフルレングスにしてラスト作。 解散を宣言していたのにリリースをしたStiffSlackの漢気よ。 soraというバンド名はフライヤーやライブハウスで見たり聞いたり、 gt,voの内田氏は激情バンドのkillieのギターとして活躍していると…

Liturgy / AESTHETHICA

旋律のポストブラックメタル。 ハンター・ハント=ヘンドリクス率いる 自称Transcendental Black Metal(超越したブラック・メタル)バンドの2nd。 いわゆるトレモロリフをツインギターで行っており、絶頂の波が常に続いている状態にブラストビートを絡ませて…

ZANN / Three Years In The Desert

ドイツの激情最高峰。 欧州でもトップレベルであろうバキバキの激情カオティックハードコアバンド。 粗暴なボーカルとゴリゴリに歪ませ迸るエネルギーからフィードバックが起きるザクザクツインギター、曲中の疾走パート・スローパートも自在に対応する強靭…

nemo / シンカイシャク55355

東京オルタナジャンク from Less Than TV!! 硬質なギター音から放たれるリフの数々に、 独特な和音を用いて曲を引っ張るベース、 そして力強いグルーヴを叩き出すドラム。 まだ高円寺20000Vがあった頃、よくライブ観に行ってた。 爆音だったなあ。 gt,voシモ…

American Football / American Football(Deluxe Edition)

エモの金字塔。 確かAmerican Footballを知ったのはtoeとかポストロックにかぶれていた大学生の時。 1曲目の「Never Meant」でもう心打たれてしまった。 クリーントーンのアルペジオは美しい旋律を奏で、マイク・キンセラは優しく語りかけるように歌う。そし…

Penfold / Amateurs and Professionals

90's emo名作中の名作。 自分が所有しているのはCount Your Lucky Starsから再発されているもの。 Penfoldを知ったのは再結成で初来日が決まった時に坂倉から教えてもらった。 こんなに素晴らしいエモバンド知らなかったなんて…!とすぐに音源探してStiffSla…

AS MEIAS / AS MEIAS Ⅱ

ポリリズムとエモの邂逅。 AS MEIASの2ndアルバム。 Meshuggah meets Texas Is The Reasonとの形容が一番シックリくるかもしれないex.bluebeard、There Is A Light That Never Goes Out、kulara、NAHTという超強力な布陣が奏でるネクストレベルのエモーショ…

lostage / P.S. I miss you

lostage~LOSTAGEの作品はdemo以外すべて持っているが やはりこれが一番好き。 懐古主義というか、そういうのではなくて単にこの作品がとても好きだという事。 1曲ずつ単体で聴いても良いけれど、 EPだがきちんとした流れがあり、良い曲がコンパクトにまとま…

SPIRAL CHORD / 脳内フリクション

STAY PUNK! 恐らく狙っているであろう、ライブかと思うほどの荒々しい録り音が逆に勢いを増して加速していく。 ex.COWPERS、nails of hawaiian、NUMBER GIRLの3ピースパンクロックバンドの1st。1曲目からラストまで衝撃が脳天を突き刺す。 1曲ラモーンズのカ…

WE ARE! / Treatment Journey

翼の折れたエンジェル a.k.a WE ARE! 3人体制から4人体制になり楽曲も彩りを増した名盤3rd。 1曲目「トリートメントジャーニー」から最高。歌詞が青臭い独特なものだけど、とてもツボをついてくる。 特に4曲目「PAIN PartII」〜5曲目「エクソダス(大脱走)」…

Gomnupers / This riff defeats a line of the people who line up a chinese noodle shop

殺幌の重圧殺兵器。 今作では前作までのファストコア、ハードコアではなく メンバーのパートチェンジ等を経て 独特なドラミングにスラッジ要素高めのドゥームなリフを刻み続ける作風になっている。全てインスト。 前作までの感じも好きだったけど、この感じ…