your life burns faster

完全主観的お勧めのCDやヴァイナルの忘備録

MOTHER / 叛物質

「mother 叛物質」の画像検索結果

京都の激情・ポストハードコアバンド MOTHERの2013年にリリースした7吋。

先人のエモ・激情を血肉と化し、タイプの違うツインボーカルの掛け合いを乗せた

気持ちの良い疾走感ある3曲を収録。limited  500枚。

ジャケットがベラム紙+PVC特殊ジャケットという拘りもグッド。

 

The Firewood Project / Keys & Lights e.p.

f:id:nakaneyoshitaka:20170618235716p:plain

HUSKING BEEのgt,vo平林氏とHUSKING BEEにリズム隊として一時期加入していたメンバー(malegoat、famのメンバー)、

そしてCountry Yardのgt.Miyamoto氏からなる4ピースバンドの1st e.p.。

メンツがメンツだけに、サイドプロジェクトは思えない完成度の高い楽曲。

朝に合うグッドメロディ+爽快なキラキラギターチューンを3曲収録。

NUMBER GIRL / サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態

“今日は何日ですか?11月30日。札幌の11月30日ってこんなに暑いものなんでしょうかね”

2002年11月30日札幌でのラストライブを収録した2枚組のアルバム。

頭からケツまでベストな選曲であり、曲間に入るMCまでもが最高。

その場にいるような臨場感を楽しめる作品。 

“1995年夏からの自力を信じてやってきたナンバーガールの歴史を今ここに終了する。

福岡市博多区から参りましたナンバーガールです。ドラムス、アヒトイナザワ

FRIENDSHIP / Hatred

「friendship hatred」の画像検索結果

彗星の如く出現した激グラインドパワーヴァイオレンス暗黒集団FRIENDSHIPの1st。

再生した瞬間コンポが壊れたのかな?と思う程のフィードバックとブラストビートのファーストインパクト。

ブラストビート、ビートダウン、Dビートを駆使したリズムと

引きずられるような重く凶悪なギターリフに、振り絞るようなドス声。

速くて強い、かなり強い。

1曲長くても3分弱なので曲としてもまとまっており非常に聴きやすい。

the Sun / twelve inch six songs

f:id:nakaneyoshitaka:20171007141419p:plain

殺幌のポストパンク・エモーショナルハードコアバンドthe Sunの12吋ヴァイナル+CDパッケージ from FINE TUNING!。

オリジナルメンバーであるGt.のイサイ氏脱退後初の音源。

変わらずパッション溢れつつ、今作は物悲しい雰囲気もありthe Sun節は健在。

vo.樋口氏のテンション高めでちょっと何言ってるか分からないけど、

時折断片的に入ってくる言葉がエモさの極み。

ジャケットデザインはex.theSunのイサイ氏が手掛けている。

limited 500枚。

discotortion / 影切

殺幌の爆音鬼discotortionの自主レーベル歪音からリリースされた4th。

呪術的なボーカルにこれでもかという爆音リフ、

そしてツインドラムの爆発力はまさにdiscotortion印。

今作ではゲストにDischarming man/蛯名啓太氏、水玉さがし/水玉よしこ女史、Twolow/塚本純氏が参加して楽曲にまた違った色を加えている。

今回もアートワークはDRIVE LIKE JEHU,Hot SnakesのRick Frobergが担当。

miscorner/c+llooqtortion / view for voices

「miscorner/+llooqtortion view for voices」の画像検索結果

旭川のエレクトロインストツインドラムハードコアユニット

miscorner/c+llooqtortion(ミスコーナールークトーション)のミニアルバム。

シーケンスを駆使した楽曲にドラム+スタンディングドラムで攻めまくるmiscorner/c+llooqtortionの4曲の楽曲に参加アーティストがボーカルとしてコラボレーションしたものと元々のオリジナルとしてのインスト曲を聴き比べられる盤となっている。

参加アーティストはDischarming man/蛯名啓太氏、Naht/SEIKI氏、小谷美紗子氏、lostage/五味岳久氏。

各人素晴らしいケミストリーが起きているが、特に小谷美紗子氏の「KENKASHINAIDE」はスーパークール。

もちろんオリジナルのインストだけで聴いても凄まじく良い。